TOPICS

「今、ハワイ島で起きている事」

はじめまして。

国内外で”自然の声を五感で感じ受け取る旅”を企画、ナビゲーターをしている成田 香名子です。
通称キャサと呼ばれています。よろしくお願いします!

プロフィール→ https://info.moani-organics.com/voice/586/

こちらのブログでは地球環境や自然に関する情報を発信していきます。

早速。初回からディープな話題を。

ここ近年、ビーチカルチャーが日本でアツく、もはやブームというより根付いている感を強く感じます。
そんな海大好きなみなさんが行く場所であり、moani organicsのハートのロゴの中にある場所、Hawaiʻi(←これがハワイ語での正式表記!)

今、ハワイ島で起きていることご存知ですか?

これは日本人の私たち全員が関係していることです。

ご存知の方は、おそらくインスタやfacebookなどで情報を得ている方がほとんどだと思います。

ハワイアンの聖地である、ハワイ島マウナケア山。
標高4,207メートル。

そこには、現在10以上の天体観測所が山頂にありますが、今あるものよりもはるかに大きな直径30メートルの望遠鏡を作るという話が、再び動き始めました。

作る目的は、新たな星の発見やブラックホールの解明、地球外生命体と交信ができるとして、この計画が推進されています。

宇宙からみたら地球は、『自然破壊をしてまで、まだそんな愚かなことを続けるのか?』と、心配されていることは間違いありません。

宇宙の中で、『ある数値』が格段に低く、宇宙の仲間に入れてもらえるレベルに達していないのが、私たち地球人。

その数値とは

【愛の数値】

この数値を地球全体で引き上げられた時に、宇宙の仲間に入れてもらえるのに、愛とは真逆の行為を行い、宇宙を解明をしようとしているその様子は残念でありません。

さらに、驚きの事実。
5カ国合同で建設するこの望遠鏡の総額総工費1800億円のうち、一番の割合である25パーセントの約450億円を、日本の皆さんの税金から出資します。

そのお金を、他に優先して使うべきことは山ほどあるし、そもそも国債が膨大なのにも関わらず、この金額を投資してハワイアンの聖地破壊に加担なんて、どう頑張っても納得はできないなぁと思うのです。

HiloやKonaにもマウナケアの地下水が流れています。

これらの地下水が、TMTが建てられることで汚染されてしまうと、なんと、年間約19,000リットルの汚染水が排出されます。

これは、主に巨大な望遠鏡を維持するコンピューターなどの機械の冷却水などに使われた水などです。

環境汚染のみならず、ハワイの文化や歴史的観点から見ても、TMT建設がいかに、問題なのかがわかります。

ハワイアンにとって、マウナケアはお墓であり、神様に祈る場であり、新しい命を天につなげる場所です。(赤ちゃんのヘソの緒をマウナケアの上にある湖waiau に投げ入れることで、天や大地と繋がるとされています)

現在、土地を愛し、守ってきたハワイアンが集まり、マウナケアに繋がる道路を封鎖し、マウナケアでデモを起こしています。
そして、クプナ(おじいちゃん、おばあちゃん)が次々に逮捕されています。

マウナケアはハワイアンにとって、体の一部と同じなんだと思います。

 

宇宙を解明したいなら、今すぐに愛を持って、TMTの建設計画を取りやめて、地球人全員が”自然と調和して生きること”を選択するのが最短の近道だと伝えたい。

自然を壊せば、私たち人間も壊れる。

人間のエゴで神聖な山を傷付け、水を汚し、これ以上自然を悲しませ、怒らせてはいけない。

私達が日本からマウナケアのために出来る事の1つに、寄付があります。
下記ではマウナケアをサポートするための寄付サイト3つが日本語でまとめてあります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

私達が日本からマウナケアのために出来る事の1つに、寄付があります。 下記3つのサイトではマウナケアをサポートするために寄付を募っています。日本語に訳してみました。ぜひ、下記の説明を読んだ上で賛同頂けましたらご協力をお願い致します‼️ KAHEAのサイトが比較的理解しやすく、手続きも簡単でした。そのためキロハナのプロフィールにリンクを貼ってあります。ぜひご協力お願い致します。 ・ 【Hawaii Community Bail Fund】 ハワイコミュニティー保釈基金 http://hawaiicommunitybailfund.org ・ 『組織としての私たちの最初の行動は、神聖なマウナケアとハワイ人の父神である空の神ヴァーケアを守る者たちと連帯することです。 現時点で集められた寄付金はマウナケアの保護者を救済するだけに使われます。 私たちはコミュニティーで回転する保釈基金です。仲間に保釈金を支払うためにお金を蓄え、ハワイの住民彼らの訴訟が解決されると、我々が支払った保釈金は戻ってきます。 また基金に戻ったお金は援助を必要としている他の被告を助けるために利用できます。私たちが保釈金を支払った個人または関係者からは何も求めません。ハワイを自分の家だと呼ぶ人ならば誰でも権利があります。』 ・ 背景: ハワイの住民に保釈金を支払うことで、人々を刑務所から解放し、無実の推定を保護し、現金保釈金が不要であることを証明しています。 お金が足りないがためが理由で拘留から保釈されない、私たちコミュニティーのメンバーは拘置されている間に働く事が出来ず稼ぐ事ができないし、お家の家賃も支払いできず追い出されてしまう、子供がいる場合は親でいることも奪われてしまいます。この事実は正義の放棄であり、終わらせなくてはいけません。 ・ ・ ●最低レベルの重罪のホノルルでの平均保釈金は2万ドル(約216万円)以上です。 ●ハワイの刑務所に収容されている約2,200人のうち、約半数が裁判前の被拘禁者であり、1人あたり1日146ドルの費用で拘禁されています。 ●たとえ裁判を待っている間に最終的に金銭釈放なしに自由になることが許されたとしても、ハワイで被告人はその審理が起こる前に平均90日以上も刑務所で待っています。・ ・ 【HULI】Hawai’i Unity and Liberation Institute ハワイ団結・解放運動機関 paypal.me/HULINVDA 解放運動とは: 文化的差別を撤廃し、同等な社会的・経済的・文化的権利を持てるようにするための運動 『HULIは非暴力抗議活動、行動支援そして地域社会への教育を提供するハワイアン団体組織です。』 こちらのページからはPaypalで寄付ができるようです。 ※こちらは私も実際に寄付の手続きをしましたが、システムが通らず、うまくいきませんでした。 ・ ・ 【KAHEA(Aloha ‘Āina Support Fund) 】 アロハアイナサポート基金 https://org.salsalabs.com/o/2699/donate_page/aloha-aina-support-fund ・ 『7月10日、イゲ州知事は、マウナケアでTMTを建設するための土木機械の輸送が7月15日月曜日に開始されることを発表しました。 – そして今、これまで以上に皆さんの力を必要としています。 KAHEAはマウナケアをさらなる産業の発展から守るためにとられた非暴力の直接的行動に対する最前線の論理的支援を最優先とする新しい基金、Aloha ‘Āina Support Fundを発表します。 支援基金は、必要に応じて保釈金の提供、物資、輸送、技術サービス、およびそのような目的のために召集された地域集会を含む、現場物流のための資金調達を優先します。この基金はKAHEAの理事会とスタッフによって管理され、グループ、その他の非営利団体、および非暴力の直接行動を組織する個人に分配されます。』 ・ #wearemaunakea #aoletmt #tmtshutdown #kukiaimauna #30メール望遠鏡 #マウナケア #ハワイ島 #ハワイ

KILOHANAさん(@kilohana_japan)がシェアした投稿 –

マウナケアに行ったことがない人でも、ハワイが好きだったり、日頃から自然に感謝しているひとはたくさんいるはず。
沢山の日本人を癒してくれているハワイに何が起きているのか、興味を持ち、知ること、そして行動に移しませんか?

※現在はハワイ州知事のイゲ氏によって、工事は2年後に先延ばしになりました。しかし、取り消しではないため現在(2019/8/22)も、マウナケアの麓でハワイアンは座り込みを続けています。