TOPICS

Column

春の紫外線に油断禁物。今から始める日焼けケア

Bun

春の紫外線に油断禁物。今から始める日焼けケア

気温が上がり、春の訪れを感じることも増えた今日この頃。気候も安定して暖かくなると、外へのお出かけが楽しくなりますよね。
春のやわらかな陽気に包まれることで、日頃の疲れやストレスも和らいでいくようです。

しかし、そんなうららかな日差しにつられて、何もせずに外出するのはNG。一見やさしく感じられる春の日差しですが、実は紫外線がたっぷりと降り注いでいるのです。
油断をしていると、知らず知らずのうちに紫外線による肌ダメージが蓄積されてしまいます。実は怖い春の紫外線について、詳しくcheckしておきましょう。

春の紫外線量は、夏とほぼ変わらない

お花見やピクニックなど、屋外で過ごす時間が楽しい春シーズン。気温や気候も安定しているため1年の中でも過ごしやすい季節といえます。
しかしこの一方で、目に見えない危険が肌に忍び寄ってもいるのです。
紫外線は年間を通して降り注いでいるものですが、4~5月になるとその量が一気に増え始めます。地上に降り注ぐ紫外線はUVAとUVBの2種類ですが、春になるとこの両方が増え始めるのです。

とくに、UVAには要注意。4月になると7~8月の真夏シーズンと変わらないほどの量が降り注ぎます。UVAは波長が長く、肌の奥深くにまで到達してダメージを与えるのが特徴。
真皮に損傷を与え、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを破壊してシミやたるみの原因を作ります。
雲やガラスも突き抜けるので、曇りの日や室内の窓辺にいるときなども油断禁物です。UVAを浴びても肌の赤みなどが生じにくいため、うっかり日焼けをしがちなことにも注意しましょう。

もう一方のUVBも無視はできません。4月から徐々にその量が増えていき、5月には7~8月同様のピークに達します。UVBは波長が短いため肌の奥にまで到達することはありませんが、そのぶん威力が強大。肌の表面をジリジリと焼き付け、赤く炎症を起こします。日焼けをすると肌が黒くなりますが、これはUVBの仕業です。
また、UVBを浴びるとメラニン色素が生成されるのでシミができやすくなります。海やリゾート地では紫外線の照り返しなどもあるので注意必須です。

春のうちから紫外線対策をしっかりと

「紫外線対策は夏になってからでいい」とお考えだった方もいるかもしれませんが、健やかな肌を守るためには、春のうちから夏同様の念入りな紫外線対策が必須です。
外出前には日焼け止めを塗り、さらにサングラスや日傘、UVカットカーディガンなどの小物類も併用して紫外線を防ぎましょう。

また、万全な紫外線対策のためには、日焼け止め選びにもポイントがあります。
日焼け止めを選ぶとき、多くの方がSPF値を重視すると思います。この値が大きいほど、紫外線に対する効果が高いということをご存知だからでしょう。

しかし、SPFはUVBを防ぐ効果を表す値です。日焼けだけでなく、シワやたるみなどの肌老化を防ぐためには、UVAを防ぐPA値にも注目することが必要なのです。
PAの場合は、効果の値を「+」で表します。PAのあとに付く「+」の数が多いほどUVAをカットする効果が高くなります。
PA++++(+が4つ)=(「ピーエー フォープラス」と呼びます)が最大値です。
レジャーやビーチなど、屋外で過ごすことが多い日には、当然、最大値のPA++++などの日焼け止めを選びたいです。

春の紫外線に油断禁物。今から始める日焼けケア

  「SPF50+ PA++++の最高のUVカット効果を持つ日焼け止めは心強いけど、その反面、肌への負担が心配……」という方もいるでしょう。
そんな方には、オーガニックの日焼け止めを選ぶことをおすすめします。
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」などの紫外線吸収剤、「フェノキシエタノール」などの合成保存料、PEG系(ポリエチレングリコール)など石油由来界面活性剤、合成香料などを使用していない肌にやさしい「オーガニック認証品」を選べば、「SPF50+ PA++++」敏感肌の方や小さなお子様でも使えます。
蜂蜜やミツロウなどの動物由来原料も使用していないので、ビーガンにも◎です。
春のお出かけを楽しむためにも、オーガニック認証のやさしい日焼け止めを味方につけましょう。
この記事を書いた人

Bun

fだfさfdさfdさふぁdsふぁdsふぁ